香典返しのマナーを守って贈ることが大切|条件別にリサーチ

ウーマン

のし袋印刷サービス

贈り物

どんなに身近な存在であっても、香典返しや引き出物など正式なお返しをする際にはのし袋を貼り付けて手渡す必要があります。突然の不幸によって家族が亡くなったときには、遺された遺族がお通夜や葬儀の手配をする必要があります。自宅にしても斎場にしても、式に必要となるものを備える為に、葬儀社のサポートを受ける家庭も少なくありません。葬儀社は祭壇を始め、香典返しなどさまざまなものを手配してくれるので遺族が手間を掛けることはそうありません。しかし、その際には別途手数料が発生します。香典返しに至っては、一つにあたり数百円の手数料が生じるので、大量注文するとなると費用が大幅に割高になることでしょう。そうした費用をカットする為にも個人で香典返しを備えることが推奨されています。

結婚式での引き出物、葬儀での香典返しのように、正式な贈答品となる品を購入するときには専門店の利用が断然お得だと言えます。その際には、のし袋や挨拶状の印刷サービスを提供しているか否かを確かめておきましょう。近年は、無料でこうしたサービスを提供するところが増えてきていて、購入者にとって大きな節約に繋がっているのです。香典返しを入れる手提げ袋も同数備えておくと個別に購入することもありません。気になる料金は、一定額以上の購入に限り、送料が全て無料になるので併せてお得感を得られるでしょう。こうした利点があることで、通販サイトで香典返しを買い揃える人が増えてきています。